ライフハック

ANA×ADDressが航空券のサブスクサービスを開始!?

ANA×ADDress航空券のサブスク

ANAがついに航空券のサブスクサービスを開始します。

ANAのサブスクって?

今回は住み放題サブスクの「ADDress(アドレス)」会員限定のオプションサービスとして、ANA航空券のサブスクリプション、定額サービスが発表されました。

ANAホールディングスと多拠点ライフプラットフォームを展開するアドレスは、航空券サブスクリプションサービスの実証実験を開始すると発表した。ADDress会員は月額3万円の追加料金で、ANA国内線の指定便に限り月2往復できる。開始は1月31日。

サービス内容は?

ANAの航空券サブスクの詳細を見てみます。

<実施内容>
募集期間 : 2020年1月17日 〜 2020年3月21日
利用期間 : 2020年1月31日 〜 2020年3月31日
対象路線 : 羽田 ― 新千歳/鳥取/高松/徳島/福岡/大分/熊本/宮崎/鹿児島 ※ANAが指定した便
対象人数 : 実証期間中で50人
利用回数 : 月毎に最大2往復まで搭乗可能
利用条件 : 月額3万円の追加料金を支払うADDressの年間・半年会員のみ利用可能
申込方法 : ADDress会員向けの専用サイトより予約

※ANAが指定した便は、以下の表の通り。
ANAーADDRESSの運行表
画像引用元:PRTIMES

お昼どきの飛行機の空席数が多い時間帯の便が対象路線に選ばれています。

ただ、もしこの対象路線がいっぱいで予約がとれない場合があれば、前後の便に調整される可能性があるとのことです。

また、対象路線が非常に限られているのは、ADDressの拠点(住み放題で住める家)がある場所への移動が前提にあります。

すべての路線は、東京の羽田を起点としていますね。

地方活性化へ貢献するというADDressの理念から、都心部から地方へADDress会員が移動をしやすくするという目的が強く現れています。

ADDress会員?

全国住み放題のサブスクサービスを掲げるADDress(アドレス)。

ADDress会員になれば、全国にあるADDressの拠点に住めます。しかし、住める拠点に行くには移動が発生します。

移動にかかる費用というのが、本当は全国にホッピングして行きたいけど行けないという、会員の声として上がっていました。

その問題への取り組みとして、ANAの航空券もADDressのオプションとして、サブスク型にするという提携がすすめられたのでしょう。

月3万円2往復はお得?

月3万円で2往復はお得です!

理由は、ANAの公式サイトから現在予約がとれる航空券の金額を調べてみました。

行き:2020年1月31日(金)・羽田 → 新千歳 ANA065便
帰り:2020年2月7日(金)・新千歳 → 羽田 ANA062便

ANA羽田→千歳便

往復54,720円も掛かります。

もし、ANAではなくLCCを利用した場合も調べてみます。

スカイスキャナー札幌

LCCでも往復30,720円掛かります。

次に他の路線も見てみます。

行き:2020年2月18日(火)・羽田 → 福岡 ANA255便
帰り:2020年2月25日(火)・福岡 → 羽田 ANA254便

ANA羽田→福岡便

往復31,780円掛かります。

羽田→千歳よりも福岡の方が便数が多く値段も抑えられていますが、それでも1往復3万円かかります。

羽田→福岡便はLCCで探すと路線がでてきませんでした。成田まで行けばですが、成田→福岡便なら往復2万円ほどのLCC航空券は手に入ります。

月3万円で2往復という価格は、1往復しかできなくても利用する路線によっては損はしない計算になります。

ただ路線と時間までも限定され過ぎているのは気になる所です。

2往復する場合はとってもお得ですね。

サブスクの今後

今回は実証実験ということで、ADDress会員限定にANA航空券のサブスクサービスが展開されます。

実証実験が順調で、もしADDress会員に限定せずに一般に展開される日が来れば、もっと飛行機が身近になるかも知れませんね。

ADDressは住み放題ですが、ANAは乗り放題という訳にはいかなかったようですね。

いままで利用したサブスク型サービス。

primereading
「Amazon Prime Reading」はプライム会員が読み放題!iPhone8で利用してみた アマゾンジャパンが、2017年10月6日に『Prime Reading(プライムリーディング)』を開始しました。さっそく試しに利用し...