マネー

税金の支払いは楽天銀行JCBデビットカードのポイントを貯める

税金から楽天ポイント
楽天銀行JCBデビットカードは、nanaco(ナナコ)へのクレジットカードチャージが使える唯一のデビットカードのようです。
※2016年9月20日以降は、楽天ポイントが付かなくなりました。
もう残念ながら、こちらの方法で楽天ポイントは貯まらなくなります。
詳細は→nanacoチャージ、楽天銀行JCBデビットのポイント遂に廃止
元は楽天銀行のVISAデビットカードを利用していたのですが、楽天銀行JCBデビットが登場してから、会費が無料のJCBデビットに乗り換えていました。
 
実際に今年から住民税と国民健康保険料の支払いを楽天JCBデビットを使って、nanacoにチャージを行った上で、セブン-イレブンで住民税の納付書をレジに出してnanacoで支払っています。
 
<結果>
nanacoポイント → つきません
楽天ポイント → 100円(nanacoチャージ額)で1ポイント
 
しっかり楽天ポイントが貯まりました!税金でもデビットカードを使ってポイントが貯められるんですね。

nanacoにこれから入会する場合

最初はnanacoは発行手数料が掛かると懸念していて入会していませんでした。けれど、唯一税金の支払いに使える電子マネーということを知って入会しました。
 
私はnanaco発行手数料300円をセブン-イレブンで支払ってしまいましたが、イトーヨーカドーのハッピーデーで手数料無料にする方法があったそうです…。まぁ、もう払って入会してしまったので私は後の祭りです。

nanaco(ナナコ)ポイントは貯まらない

nanacoポイントは税金の支払いでは貯まりません。nanacoにクレジットカードでチャージすることで、クレジットカードのポイントを貯めるという方法になります。つまり、貯まるのはクレジットカードのポイントです。
 
私の場合は楽天銀行JCBデビットカードを使って楽天ポイントを貯めています。
 
注意しなければならないのは、nanacoのチャージ上限が5万円までということです。1度の納付書の支払いが5万円を超える方の場合は、月10万円までは対策があるのですが、一筋縄ではいかないのです…。月5万円以上の納付書の場合は気をつけてください。

なぜデビットカードで支払うの?

私はクレジットカードを使い過ぎて支払いに苦労した苦い過去があるため、現在はデビットカードをこよなく愛するデビットカードのヘビーユーザーです。残高以上の利用ができないのであるお金以上は使えません。プリペイド系を含め、下記デビットカードを愛用しています。
 
・楽天銀行JCBデビットカード
・au WALLET(MASTER)
・ジャパンネット銀行VISAデビットカード
・りそな銀行VISAデビットカード
・三菱東京UFJ銀行デビットカード
 
かつてはVISAブランドのみでしたが、いまはJCB・MASTERも揃ったため、まず不自由がありません。ただ、3種類あれば十分かなと…りそなとUFJのVISAデビットは解約検討中です。

<2016/09/04追記>
三菱東京UFJ-VISAデビットを実際に解約してみた

※2016年9月20日以降は、楽天ポイントが付かなくなりました。
もう残念ながら、こちらの方法で楽天ポイントは貯まらなくなります。

<2017/06/30追記>
還元率2%のプリペイドカードであるLINEPayカードを知ってLINEPayカードをヘビーに使うようになりました。
還元率2%★FPも利用のLINE Pay カードをコンビニで買ってみた