ミニマリストの持ち物

ミニマリストな鍵の収納、キーケースは持たず財布ひとつにまとめる

ミニマリストな鍵の収納、キーケースは持たず財布ひとつにまとめる
キーケースやキーホルダーを利用せず、小さいミニ財布のコインケース内にお金とまとめて鍵を収納するようになり、3ヶ月が経ちました。ミニ財布の中に鍵を入れる収納方法が実際にミニマリストらしくとても効率的で気に入りました!

鍵を収納するだけの専用の入れ物は必要か?

結論は鍵専用のキーケースもキーホルダーは一切不要でした。

いままで鍵を収納するのに当たり前のように、キーケースやキーホルダーを使っていました。鍵はキーケースやキーホルダーに入れて使うモノだという固定概念にとらわれていたのですね。

鍵は小さなミニ財布のコインケースに入れるという方法に落ち着きました。3カ月実践してみた結果です。これで1つ、直近まで使っていたキーホルダーを手放すことができました。

財布に鍵を収納するメリット

鍵も財布も忘れて外出することがない

外出するときは、ミニ財布のコインケースから自宅の鍵を取り出して玄関に鍵をかけて、再びミニ財布のコインケースに鍵をしまいます。

・家の中で鍵を探し回ることがない

家の中で鍵はどこ?と探し回る場面がありますか?私は親戚や知人の家に訪問した時にたびたびこの場面にあいます。

もうそんな心配はいりません。鍵はいつも財布の中にあります。

キーケースもキーホルダーも持たなくてよい

毎日使うものということもあり汚れや傷みが気になってしまい、過去には2~3年に一度は買い換えていました。

もう心配いりません。これからは鍵を収納するためにキーケースもキーホルダーも買う必要がありません。

1つのアイテムが必要なくなり、買い物をする時間もお金も節約できます。

もし人生80年と仮定して、20歳から80歳までの60年の間、3年に一度キーホルダーを買い換え続けた場合、人生で20回キーホルダーを買います。1,200円のキーホルダーを買うとして、

1,200円×20回=24,000円

鍵を収納するために24,000円を消費しますか?
私は消費したくありません。

財布に鍵を収納するデメリット

小銭をたくさん受け取った状態で帰宅した場合は、鍵を取り出しにくい

帰宅したら小銭をすべて財布から出す習慣があるため、外出時家から出るときは、小銭は0(ゼロ)の状態でスタートします。自宅から外にでる時はまったく問題ありません。

しかしながら帰宅時は小銭がたくさん増えてしまうことが稀に(月に1〜2回ほど)あり、鍵を取り出しにくいということが起こります。

最近は急速にPayPayやLINE PayなどのQRコード決済対応店舗の普及が進んできて、キャッシュレス決済が1段階進んだようですね。

私は着実に小銭を受け取る回数も徐々に減ってきており、小銭が邪魔で鍵が取り出しにくい問題は、きっと近い未来に解決する方向に向かうでしょう。

鍵のミニマリストな収納は財布が正解

ミニマリスト女である私がおすすめする自宅の鍵のベストな収納場所は、小銭と一緒にミニ財布内のコインケース部分です。

3カ月実際に試してみた結果、この鍵の収納方法がマイベスト!と感じました。継続していきます。

私のコインケースはいつもほぼスカスカです。空いているこのスペースに小銭と鍵をシェアさせて、実にスッキリしました!

ちなみに、私が日常の買い物をしに近隣へお出かけするときの持ち物は、

①ミニ財布 / ②iPhoneXS の2つだけです。

3カ月前まで③鍵(キーホルダー)、1年前まで③鍵(キーケース)でした。

まとめ

鍵の収納場所をミニ財布の中に移してみることで、荷物を減らすことに成功しました。
また鍵と財布がセットだと、鍵を忘れたり失くしたりするリスクもほぼなくなります。

鍵をコンパクトに持ち歩きたいという考えで、キーケースからキーホルダーに移行したのが1年前でした。
しかしキーホルダーすら手放して、ミニ財布とセットにすることで、さらにコンパクトな効率的かつ合理的な鍵の収納にたどり着きました!

3回目のミニ財布の買いかえをしましたが財布の中に鍵という収納方法を継続しています。

ミニマリスト女の財布と中身を公開
ミニマリスト女の財布と中身を公開!たった5ヶ月でミニ財布を買いかえ? ミニマリストを始めてちょうど3年、ミニ財布デビューからだと2年ちょっとが過ぎました。もう3回目のミニ財布!?買い替えのペースが早いで...