おひとりさま

ひとりで映画館には、もう行かない。映画館は好きでもひとりで行くのは辞める

ひとり映画館

映画は好きで年に2〜3回はひとりで映画館に行っていました。けれども、これからは日本で映画館にひとりで行くのは辞めます。

習慣的な行動を見直し、映画館にひとりで行くのを辞める理由を書きます。

VOD・ビデオオンデマンド市場の拡大

最近ではVODと言って、ビデオ・オン・デマンド。つまり、自宅で映画などの映像配信が手軽に楽しめる時代になりました。

最新作は映画館でしか配信されないのが一般的ですが、最新作をわざわざ高いお金を払って映画館に観に行くほどの価値を感じているの?

私にとって、それほどの価値でもないなと思いました。

最新作以外はとても手軽に安価で自宅で映画作品が観えるようになりました

実際に、Amazonプライム会員向けのPrime VideoU-NEXTNetflixを利用して、月1,000円未満で映画の見放題を体験したことがあります。

最新作を観に行くのは、職場で話題作りの一貫でもあったと思います。映画、最近何か観た?○○観た?などという会話はよくありました。
観てよかった映画をおすすめされて、観たくなって観に行くということもありました。

話題作りのために流行りに乗る必要は特にないですね。

ビデオ・オン・デマンドの普及により、映画を観に行くことの価値、値段に疑問を持つようになっていきました。

家でコーヒーを飲みながら映画を観る。これで十分満足と感じるようになりました。

ひとり映画館へ行くと使うお金

映画のドリンクとポップコーン

映画館って高い。冷静にひとり映画館で使うお金を計算してみました。

※TOHOシネマズは飲食物の持ち込み禁止です。

  1. 映画のチケット代
  2. ジュース代
  3. ポップコーン代

それぞれ見ていきます。

映画のチケット代

映画館で映画を観るためには、必ず必要なのがチケットです。よく行っていたTOHOシネマズの料金です。

通常料金だと1,900円(2019年に値上がりしたようです。以前は1,800円)。
なるべく割引料金が適用される日に行っていたので、1,200円(以前は1,100円)。

安いときだけ行っても、1,200円のチケット代が掛かります。

ジュース代

2時間以上、映画館の中にいなければなりません。となると途中で喉が乾くためドリンクを買います。

ジンジャーエール代がSサイズで、単品だと300円。

ポップコーン代

映画といえば、ポップコーン!ポップコーンは映画館の楽しみだと思っていたため、ポップコーンを買います。

ポップコーンSサイズの単品だと、320円。

ドリンクとセットになったポップコーンセットだと、680円

ひとりで映画館へ映画鑑賞に行くとかかるお金は、

映画のチケット代とポップコーンセット
合計:1,880円

1,880円って高いですね。

ユニクロでワンピースが買えそうだし、スーパーでステーキが2枚ほど買えるし、美味しいパン屋さんのパンが抱えきれないくらい買えるし、高級なコーヒー豆ですら買えます。

食べることばかり…笑。

最新の映画を観にひとりで映画館に行くとかかるコストは、1,880円。これは悩ましいお金です。

ビデオ・オン・デマンドなら、月1,000円未満で映画がたくさん観えます。

映画館へ行く時はいつ?

映画館ってちょっと特別感がありますよね。

私がひとりでよく行っていた映画館は「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」と「TOHOシネマズ 日本橋」です。どちらも東京都内。

「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」は休日に行くことが多かったです。

「TOHOシネマズ 日本橋」は会社帰りに行くことが時々ありました。

TOHOシネマズは、座席もゆったりしていて、チケットもネットで座席を選んで購入できるところが気に入っています

チケットをネットで選べるのは、映画館に向かうちょっと前に座席の混雑状況を確認して、混んでなければチケットを買うということができるためです。

映画館ではゆっくりしたいため、隣に誰も座らないくらいの空いている時を狙って行っていました。

ひとり映画館で困ること

ひとりで映画館に行くと困ることがあります。だったら行かなくていいよねっていう話ですかね。

私は感受性が強いのかもしれません。

映画の場面で、感動的なシーンや悲しいシーンに遭遇したときに、号泣してしまうんです。
もう涙が堪えきれなくなります。目が腫れてしまうんじゃないかってレベルで泣いてしまいます。

そして、映画の内容によっては映画が終わったあとも、泣き顔感が拭えないという…。

基本は知らない他人は、誰も見ていない・気にしないと思うのでそれほど気にしていませんでした。

けれども世間は狭いです。都内で働いていたので、都内の映画館では会社の人に遭遇することが時々ありました。
やっぱり知り合いに泣き顔を見られるのは恥ずかしいですね。

ひとり映画館の後、ひとりで泣いている人になることが困ることです、笑。

ひとりでなければ映画館には行く

きっとひとりで映画は見に行かないけれど、誰かと一緒に映画を観に行くのは良いと思っています。

仕事終わりに一緒に食事して映画見て解散といった、ゆるっとした時間を共有するのは好きですから。

※あくまで私の主観です。

まとめ

習慣的な行動になっていた、ひとりで映画を観に行くことは私にとって本当に必要なことなの?という見直しをしました。

結論は、今後はひとりで映画を観に行かない。けれども、一緒になら行くです。

ひとりだったら映画代よりも安くておいしい食べものを食べながら、自宅でビデオ・オン・デマンドを使った映画鑑賞をする方が幸せなんです。私はね。

習慣は定期的に見直し、いまの自分にとって最適な習慣なのかを考えていきます。

利用したことのあるVOD
Prime Video
U-NEXT
Netflix

▽YouTubeチャンネル▽
YouTubeチャンネル

2020年YouTube始めました。お部屋のルームツアーや暮らしVlog、使っているものの紹介など。

YouTubeチャンネルを見る