ツール

wpXサーバーでWordPressサイトをhttpからhttpsに対応した

wpXサーバーのWPサイトを、httpからhttpsに対応した

このサイトへの接続は保護されていません」なんて書かれると何だか不安。

http→httpsへ対応することで、「保護された通信」になる。
そんなことは前から分かっている・・・今日やっと手続きをしようと、重い腰を上げた。

https対応って?

SSLで暗号化している、セキュアである。
何だか難しい言葉で説明書きがあるけど、要は、安全なサイトですよ。っていう証明が付いているってこと。

危険なサイトじゃありません。といくら言葉で伝えても信じて貰えないかも知れない。
それでは、このサイトもhttpsにしよう。

wpXでhttpsに対応するのは意外と簡単だった

漠然とイメージしていたより、簡単に終わった!

当サイトは、wpXレンタルサーバーを使っているので、こちらのサーバーで提供されている無料SSLを導入した。

以下、手順のまとめ。

  1. wpXサーバーのコントロールパネルで独自SSLの追加
  2. wpXサーバーのコントロールパネルで、関連ファイル一式のバックアップ
  3. wpXサーバーのコントロールパネルの「SSL化補助機能」で自動転送設定
  4. 「この接続は安全ではありません」となっている場合は読み込んでいるファイルパスを疑う

③までで、「保護された通信」がついたらラッキー!それで終わり。

④はダメだった場合、私はダメだったから④もした。原因はロゴの画像パスが「http://~」だった、WordPressの管理画面でロゴ画像をもう一度選びなおしたら、「https://~」に画像パスが変わって、「保護された通信」を獲得できたー。

無事、SSL対応でき、「保護された通信」がついて安心した。

ただ、忘れてはならないのはURLが変わったこと。
自動転送されるが、そのままだとイマイチなのは、アクセス解析なども設定変更をやらないと。