ミニマリストの持ち物

ホッチキス2コとスティックのり1コを捨てた!複数あるモノは1つに

ホッチキスとスティックのり
モノが少なくなってきたと実感してきても、まだありました。複数持ちの文房具。ホッチキス3コと、スティックのり2コ。一人暮らしの私には1コずつで十分なので捨てました。

残したホッチキスとスティックのり

残したモノは、無印良品のホッチキスと、消えいろPiTSのスティックのり。
残したモノ

残したホッチキス

無印良品のホッチキスは、とてもコンパクトに収納できる、スタイリッシュなところがお気に入り。たぶん10年くらい前から持っているモノだと思います。

ただ、分厚い紙や30枚超えの書類のホッチキスとしては、ちょっと力不足なようです。私は、ここ3年間は10枚以上の紙のホッチキス止めをしたことがないため、心配ないでしょう。

残したスティックのり

消えいろPiTSのスティックのりを残したのは、単純に無印良品のスティックのりは古くて少し乾燥ぎみ、残りも少なかったため(10年くらい前から持っているのりかも)。まだ十分なのりの残量がある消えいろPiTSを迷わず残す選択をしました。

断捨離は選択と決断の繰返し

まずこの5つを並べて断捨離の方法を考えました。

ホッチキスの場合は、(好きな色ではない)青いホッチキスは捨てよう、とまず迷わず捨てることにしました。
残るは白い2つです。大量に紙をホッチキス止めをする機会は今後ないでしょう、と考え、卓越なコンパクトさの無印良品のホッチキスを残すことにしました。

スティックのりは、明らかな消耗品であるため、のりの残量をチェックしました。無印良品のスティックのりは5ミリ程度の少ない量でした。消えいろPiTSのスティックのりを残すと一瞬の迷いもなく決まりました。

たった2種類のモノの断捨離にあたり、本体であるホッチキスと、消耗品そのものであるスティックのり、なぜ捨てるのか?観点が違うんですよね。

ホッチキスとのりに頭を使った日でした。

少しずつ、着実に減っているモノ

ここ2年以上に渡り、断捨離を少しずつ進めてきました。着実にモノが減っていると実感がわいてくるようになりました。

ホッチキスが3コも見つかり、嬉しいくらいでした。まだあった!?久々の複数持ちアイテムの断捨離か!と・・・(笑)

▼最近の断捨離ログ
メルカリで売ることもありますが、買取りの依頼もしています。

洋服査定
【断捨離】ナチュラル系買取dropで、洋服8着を写メ査定し、宅配買取りしてもらった 全く着ていない洋服8着を「ナチュラル系買取専門店drop(ドロップ)」で写メ査定(dropの特徴)して結果を見て、送料無料で宅配買取し...
【断捨離】4℃のリング(指輪)を「なんぼや」で買取りLINE査定、実店舗で買取り 4℃のペアリングの片割れレディース、K10ピンクゴールドリング(ダイヤモンド)を2,000円で、「なんぼや」に買取りしてもらい、断捨...