ミニマリストの持ち物

【妄想】ワンルームでひとり暮らしを始めるなら揃えたいモノ

【妄想】ワンルームでひとり暮らしを始めるなら揃えたいモノ

現在は旅ぐらしをしていて、家具家電は一切持たない暮らしをしています。

いつか旅を終える日が来ると思っています。そんな日のために、ワンルーム暮らしを再開するなら揃えたいモノを記録する【妄想】メモです。

家電量販店の新生活家電セットなんかには惑わされずに生きます。

家具

折りたたみテーブル ミニテーブル ローテーブル 57×34×24cm

まだパソコンが手放せないため、主にパソコン用のデスクとして使います。
あれば食事用にも使うでしょう。

机というモノはこれ1つで十分と考えます。

寝具

三つ折りマットレス

やっぱり三つ折りマットレスが無難かな。具体的な商品はまだ選べず。

アイリスオーヤマのが鉄板なのかなー?

布団セット

特別こだわりはなく、枕と掛け布団やカバーがセットになってるリーズナブルな布団セット。

ただカバーの素材がポリエステル100%だと激しい静電気におそわれるからイヤなんだ。

家電

ラッセルホブス カフェケトル 0.8L

コーヒーやハーブティーをよく飲むわたしには、電気ケトルは圧倒的に便利。これがないと無駄にカフェに行ってしまう、危険だ。
※ペットボトルは一切買いません。水道水を電気ケトルで沸かして飲むスタイル。

Russell Hobbsの洗練されたデザインが好き。Airbnbで泊まった家にあったから、実際に使って使いやすさも問題ないことを確認済み。

ドライヤー

わたしの髪にはドライヤーは必須。前使っていたのと同じドライヤーで十分、そこそこの風量が出てコスパよい。

色はピンクだったけど、よりシンプルなこの色が良さそう。でも、もっとシンプルなデザインになって欲しい、お願い。

小さな冷蔵庫

小さな冷蔵庫が欲しい。いまは具体的な商品が見つからず。

冷蔵庫の中身に常に入れるのは、卵とバター、夏場だけ沸かしたお茶を冷やしておきたい。

キッチン用品

鉄のフライパン

フライパンはひとつで十分。シンプルな鉄のフライパンが1番好き。

テフロン加工とかは心配になるから手を出したくない。

staub ストウブ ココット ラウンド ブラック 18cm

以前は赤色のチェリーレッドを持っていたけど、いまならブラックがかっこいい。
18センチの大きさならギリギリ片手で持てる重さ。20センチ以上なら重すぎて使わなくなることは想像がつく。

無水調理ができるから調味料3分の1くらいでごく弱火で煮込める。ガス代と調味料代が浮くため、長期で使えばコスパよいです。

しょっちゅう作った料理は「かぼちゃの煮物」と「カレイの煮付け」。

※もちろん調味料はレシピ記載の量の3分の1しか使わない。落し蓋はキッチンペーパーを1枚乗せていた。

無印良品 シリコーン調理スプーン

前も使っていて、お玉の代わりに使うのが主な用途。ちょっと使いづらいけど、フライ返しの代わりにも何とか使えていたから、これだけあればいけるはず。

大きなお皿

大きなお皿が1枚あればOK。ワンプレートごはんが良い。何センチのお皿がベストだろうか?

料理は好きだけど、洗いモノをするのは嫌い。ワンプレートごはんなら圧倒的に洗いモノが楽になる。

狭いワンルームに食洗機をおくのは納得できないし。

お味噌汁やスープといった汁物を日本人は好む人が多いけど、汁物はなくても問題ない。

ニュージーランドやオーストラリアのAirbnbで現地ホストの家に住んだら、スープを入れる器は存在しなかった。夕食もワンプレートが通常のようだった。

日本の一般家庭に比べて圧倒的にモノが少なくて、スッキリした家だった。

アメリカや日本は大量生産大量消費の社会って言われるのは、こういうことかと考えさせられた。

あみ
あみ
世界中のお家訪問をしてみたい。

日用品

クイックルワイパー

スティック型の掃除機も使ってみたけど、なんだかんだで1番長く使っていたクイックルワイパーがしっくりくる。

やっぱり床掃除はクイックルワイパーがベストだ。

いま思い付いたモノは以上。

まだ未完成なリストです。また追加していくことでしょう。

「ワンルームでひとり暮らしを始めるなら揃えたいモノリスト」が完成する頃には、定住してひとり暮らしを始めるかも知れません。

拠点は1ヶ所ではないかも知れないですけどね。

その時が来るまでわかりません。妄想部屋ができあがるのか、現実の部屋ができあがるのが先か。