マネー

レモンガスへ申込み、都市ガス会社を東京ガスから切り替え

レモンガスへ切り替え
関東エリアの場合、切り替えられる都市ガスは「レモンガス」「ニチガス」「東京電力」の3社です。「レモンガス」へガスの切り替えをエネチェンジで申込みました。

どうしてレモンガスへ切り替え?

レモンガスが1番お得だったからです。

今回、エネチェンジ限定キャンペーンで、「レモンガス」なら3,000円割引き特典がついていました。レモンガスが最もお得な切り替え先でした。

「東京電力」は電気とガスのセットで割引メリットがでるようです。既に電気は「楽天でんき」へ申込み済なため、今回は除外しました。

エネチェンジ特典

レモンガスはエネチェンジから申込みをすると、3,000円割引きされる特典は、ガス供給開始月を含む4ヶ月目の利用料金から3,000円引きという特典になります。

※利用開始から4ヶ月後の料金が3,000円未満の場合、割引額が少なくなるので要注意。

具体例)
ガス供給開始月が11月の場合、翌年2月分から割引きになります。
ガス供給開始月が12月の場合、翌年3月分から割引きになります。
→私は2月も3月も昨年度のガス料金は、5,000円超えでした。まず大丈夫ですね。

レモンガスはどれくらい安くなる?

5%とは記載されていますが、エネチェンジでシミュレーションした結果です。
お住まいの地域の郵便番号、現在お使いのガス代の利用月&利用料金の3箇所を入力して、「この条件で節約額を見る」ボタンを押します。
エネチェンジのガス切り替え試算

↓レモンガスのわくわくプランの結果がでてきました。

初年度の結果、3,481円節約とでました。

3,000円割引きを除くと、初年度1年間で481円の節約になると思いきや、このシミュレーション、口座振替割引が考慮されていません。

東京ガスは口座振替で支払っていて、毎月54円割引きがあります。
54円×12ヶ月=648円

特典の3,000円割引きがなければ、648円-481円=167円高くなります!
使用量が少なめな一人暮らしだと、口座振替割引分のメリットがでない恐れがあります。

使用量が少なめ?私のガス利用場面

私が自宅でガスを利用する場面について・・・

  • お風呂、食器類を洗う時のお湯、歯磨きの時のお湯(ガス給湯器)
  • 料理(ガスコンロ)

※顔と手は水で洗っているため、お湯を使いません。

それでも、レモンガスに切り替えする

管理をまとめたくて、東京ガスもクレジットカード支払いに変更したいと思っていました。
4ヶ月目に3,000円割引き特典があるので、損にはなりません。とりあえずレモンガスでクレジットカード払いに切り替えを進めます。

長期的にレモンガスを使っていくかどうかは、実際に使ってみて判断ですね。将来的に東京ガスに戻る可能性も否めません。「東京ガス」の電気+ガスのセット割りが、既に気になっています。

住んでいるエリアによってもお得なガス会社は異なります。まずは、エネチェンジで電気もガスも比較してみると良いですよ。

▼2回目の電力会社の切り替え、楽天でんきへ申込み

でんき
再び電力切替え、スマ電を半年間利用して、楽天でんきへ申込み はじめての電力切り替えで東京電力を止め、スマ電を6ヶ月間利用してきました。6ヶ月間利用して実際どうだったかのレビュー。どうして再び電...

▼初めての電力会社の切り替え、スマ電へ

【賃貸】ひとり暮らしの電力会社、東京電力→スマ電 夜得に切り替えた【賃貸】東京電力→スマ電に切り替えた ■契約した内容はこの通り 契約プラン名 スマ電 夜得+プラン(東京) 契約容量 30A ...