電気もガスも引っ越しで強制解約に?楽天でんき&レモンガスを解約した

電気もガスも引っ越しでリセット

電気もガスもキャンペーンを利用してお得に切り替えた会社を利用していたのに、引っ越しに伴い解約することになってしまいました。

まさか引っ越しで強制的に解約になるとは思いもしませんでした。

飛べる目次

楽天でんきの解約

電気会社は、東京電力(東京電力エナジーパートナー)からスマ電、次に楽天でんきへと切り替えて使用していました。

あわせて読みたい
電力切替え2回目、スマ電から楽天でんきへ切り替え
電力切替え2回目、スマ電から楽天でんきへ切り替えはじめての電力切り替えで東京電力を止め、スマ電を6ヶ月間利用してきました。6ヶ月間利用して実際どうだったかのレビュー。どうして再び電力切り替え、楽天でんきへ申...


楽天でんきは、引っ越しの場合は強制的に解約となります。つまり、引っ越し=楽天でんきの解約となります。

よくあるお問い合わせ欄を見て、引っ越しの場合どうすれば良いのかはっきり分からなかったため、カスタマーセンターへフォームから問い合わせました。

お引越し先での電気のご利用申込つきましてお答えいたします。
申し訳ございませんが、現在、楽天でんきはお引越しを伴う申込受付をしておりません。

お引越し先で、一度、地域の電力会社様とご契約いただいた後、
楽天でんきへの切替申込をしていただきたく存じます。

また現在ご利用中の楽天でんきにつきましては、解約のお手続きが必要となります。

ーー楽天カスタマーセンターより引用

引っ越しのため、楽天でんきの解約手続きが必要です。他の選択肢はありませんでした。

解約の手続きはこちらのメールの続きでやりとりして、電気の使用停止手続きまで完了しました。
ちなみに楽天でんきの解約には立ち会いは不要です。

引っ越し先は、自動的に地域の電力会社になります。わたしの場合は東京電力です。

レモンガスの解約

ガス会社は、東京ガスからレモンガスへ切り替えて使用していました。

あわせて読みたい
レモンガスへ申込み、都市ガス会社を東京ガスから切り替え
レモンガスへ申込み、都市ガス会社を東京ガスから切り替え関東エリアの場合、切り替えられる都市ガスは「レモンガス」「ニチガス」「東京電力」の3社です。「レモンガス」へガスの切り替えをエネチェンジで申込みました。【どう...


レモンガスは解約が必須ではありません

ただし、10日ほど余裕がある状態で引っ越し先の開栓の予約をしておかないと開栓が間に合わないと言われました。

私が電話で連絡したタイミングは5日前でもう今からだと引越し日に開栓が間に合わないから、一旦解約して、引っ越し先では東京ガスにお願いして東京ガスに開栓を依頼する方が良いと教えてもらいました。
(※解約するというのに親切丁寧な案内に好感でした。)

解約=閉栓ということで、引っ越し日に閉栓のため訪問してもらい、同時にレモンガスは解約となりました。

今回のレモンガスの閉栓は、共用部分にガス栓が設置されているケースとなり、立ち会いは不要ということでしたが、チャイムが鳴りました。

在宅のご様子でしたのでと、ご挨拶とともに引っ越し後の再申し込みキャンペーンのご案内とジップロック袋に似た袋をもらいました。

引っ越し先は、地域の都市ガス会社になります。わたしの場合は、東京ガスです。

なぜ電気とガスを再び切り替えない?

引っ越し後、地域の会社から再び他の会社へ切り替えないでいました。東京電力と東京ガスのまま使っているということですね。

再び切り替えない理由は、電気会社とガス会社それぞれあります。

電気会社:東京電力

今回の引っ越しに伴って、冷蔵庫を手放しました。

部屋の広さに甘んじて大きい冷蔵庫を使っていたため、次の引っ越し先の部屋では、間口が入らず冷蔵庫を持っていくことができないという状況なためです。冷蔵庫が必要と判断すれば、また買い直せばいいだけです。

引っ越し先は20A(アンペア)の契約になっていました。基本使用料は500円台です。

いままでの契約は30Aで電気の使用量が少ない月は、使用量が60KW程度で料金は2,000円ちょっとでした。
もし冷蔵庫がなくなる分の電気代を差し引くと、電気代は月に1,000円程度で済みそうだという見込みがありました。

そのため、切り替えを行わずに東京電力(東京電力エナジーパートナー)のまま様子を見ることにしました。

そもそも安すぎて数十円しか変わらなさそう。

ガス会社:東京ガス

レモンガスは、引っ越し後に再度レモンガスに申し込みしてもらうと、ガス料金から3,000円引きにしますとアピールがありました。

ガス代は月に1,300円程度しか使わない見込みです。時期にもよりますがそもそも都市ガスはガス代が安いんですよね。

それに今回のように手続きが面倒で、レモンガスは引っ越しの手続きのQAを見つけることができず、電話連絡しか方法が分かりませんでした。

平日の昼間に働いていると、電話連絡ってなかなか面倒なんです。時間を気にせずネットで手続きが完結するか、せめて問い合わせがメールでできるとハードルが低くなります。

この問い合わせハードルが超えられず、わざわざレモンガスにまた切り替えるのもなー。という考えに至り、東京ガスのままで使用を続けることにしました。

まとめ

電力やガス会社の切り替えは、派手な宣伝も多くあり、まだかなりお得な新規契約キャンペーンを行っている会社がたくさんあります。

私のときは切り替えるだけで楽天ポイント3000ポイント、ガス3,000円引き特典がもらえました。

ただ引っ越しのために合計4社へ連絡をしなければなりませんでした。ただでさえ引っ越しの手続きは役所関係も含めてややこしいというのに電気ガスにこんなに手間を掛けたくありません。

次に切り替えるなら、電気を東京ガスにまとめて東京ガスで、電気もガスも契約したいです。
手続きは本当にシンプルにしたい!またできる限り、手続きはネットで完結できるところが便利ですね。

次の引っ越しは、2020年4月になりました。

あわせて読みたい
ひとり暮らし女性の部屋作り記録【6帖1K】
ひとり暮らし女性の部屋作り記録【6帖1K】ひとり暮らし女性である、あみの部屋作りの記録を紹介します。・エリア:東京都 ※郊外・間取り:6帖の1K・家賃:2.9万円・特徴:角部屋 / 木造 / 築30年超え2020年4月に...
あわせて読みたい
1K6畳でひとり暮らしを始めるのに揃えたモノたち
1K6畳でひとり暮らしを始めるのに揃えたモノたち旅ぐらしから戻り、1K6畳の部屋でひとり暮らしを再開しました。家電量販店の新生活家電セットなんかには惑わされずに生きます。自分軸のモノ選びを誓うわたしが実際に買...
よかったらシェアしてね!
▽ Youtubeチャンネル Youtubeあみいろ

この記事を書いた人

Web系フリーランスとなり6ヶ月の旅暮らしを経験。その後は、長く暮らした東京の都心を離れて、郊外の格安6帖で一人暮らし中。コンパクトに快適な部屋で心地よく暮らしています。
大人の6帖ひとり暮らしの日常の記録。

飛べる目次
閉じる